debug_meteor_phpstorm-webstorm

MeteorのサーバサイドをPhpStorm, WebStormでデバッグする方法

最近JavaScriptばっかり触っててて、PHPとは全然文化が違うなと感じています。

Meteorの魅力に関しては以下の記事を読んでもらえばよく分かると思います。

体感!JavaScriptで超速アプリケーション開発 -Meteor完全解説:連載|gihyo.jp … 技術評論社

クライアントサイドのデバッグには今までどおりブラウザを利用すれば良いわけですが、サーバサイドもJavaScriptで書かれているNodejsなど場合はどうすればよいのだろうということで調べてみました。

手順

  1. PhpStorm/WebStormにNodejsプラグインをインストール
  2. 再起動
  3. デバッガの設定
  4. ブレークポイントの設定とデバッガの起動
  5. オプション付きでMeteorの起動

PhpStorm/WebStormにNodejsプラグインをインストール

Nodejsプラグイン

再起動

meteor-server_remote_debug

再起動するとNodejs関連のデバッグオプションが出ます

デバッガの設定

meteor-server_remote_debug_settings

設定は以下のとおり

  • Host : 127.0.0.1
  • Debug port : 5858
  • Local directory : /path/to/your/meteor/project
  • Remote path : app

ブレークポイントの設定とデバッガの起動

sample7-1.js - sample7-1 - [~Downloadssample7-1] 2013-05-17 14-35-19.png 2013-05-17 14-44-19

オプション付きでMeteorの起動

3. mongod 2013-05-17 14-54-27

$ NODE_OPTIONS="--debug" meteor

5858ポートで待受状態です。

デバッグ確認

sample7-1.js - sample7-1 - [~Downloadssample7-1] 2013-05-17 14-37-09

以上、基本的にHow to configure WebStorm to debug meteor server files? – Stack Overflowを参考にしましたが少し説明を加えてみました。

Comments