Harp__the_static_web_server_with_built-in_preprocessing

Harpでスタティックサイトジェネレーティング

Harpはスタティックサイトジェネレータだと思っていたけど、どうやらWebサーバにプリプロセッサがくっついたものらしい。このポストを書こうと思って公式ページ見たら気づいたので、レビューはスタティックサイトジェネレータとして見たときの感想です。

The static web server with built-in preprocessing.

Harpの特徴

インストール後すぐに開発が始められる

(初心者にやさしい) Assembleより簡単。デフォルトはプロジェクトルートがコンパイルされる。他のツール同様のFramework styleがある。かなりシンプル

Framework styleではとりあえずプロジェクトルートに harp.json とpublicフォルダを用意する。

以下のようにターミナルでサーバを立ち上げると/public 以下がコンパイルされ、ブラウザから http://localhost:9000/ にアクセスできるようになる。

$ harp server
------------
Harp v0.11.2 – Chloi Inc. 2012–2014
Your server is listening at http://localhost:9000/
Press Ctl+C to stop the server
------------

完成したプロジェクトを静的ファイルに書き出すには以下のようにすると /web 以下に書きだされる。

$ harp compile

パッケージマネージャがある

Harp Components (bower的な)と連携できる。Punchより柔軟かも。でもファイルパスの修正が必要だったりやREADMEのインストール方法の情報が古くてなんか微妙。

以下のようにして /public ディレクトリに components をインストールする。

$ cd public/ #publicディレクトリに移動
$ component install harp/bootstrap

     install : harp/bootstrap@master
    complete : harp/bootstrap

まとめ

ほとんど書くことのないまままとめですが、良くも悪くもシンプルで特筆すべき事がとくなかった。ただ、自動でテストを走らせる事、ブラウザのリロード、コンパイルする機能がないから、Gruntに慣れてるような人はそっちを使ったほうがよい気がする。

Comments

Posted in