GoogleReader終了で僕の青春がまたひとつ幕を閉じる感

Google Readerが今年の7月1日で終了するということでなんだか結構ショックを受けてる。 RSSが無くなるわけでもないけどひとつの時代が終わるのか感がすごい

スクリーンショット_2013_03_14_21_24

むかしむかし…

僕がインターネットに触れ始めた頃はダイアルアップ以外の接続方法は無かった。
なのでいかに短時間で欲しい情報を集め、切断するかが勝負だった。
(接続中は電話が話し中になったので)
当時RSSなんて便利なものは無く、ホームページ巡回ソフトに気になるサイトを登録して更新があればダウンロード、切断してオフラインでじっくり読んでたように思う。
だから、常時接続になりRSSがどのサイトにも用意されるようになった時はいい時代来たなと感動した。

利用者の減少そして終了へ

この記事あるように周りの人にその魅力を理解してもらうのは難しかった。

RSSを「スゴイ」と感じた人は、周囲の人に一所懸命魅力を伝えようとしていた。曰く「興味のあるものを予め登録しておいて、面白いものだけを見ることのできるテレビみたいなものなんだよ」等。しかしこうした説明では魅力はあまり伝わらなかったようだ。別の説明もにたりよったりだった。RSS自体が、目に見えないもので機能する、おたくっぽいものだったのだ。そして、一般の人にとっては、メリットがいまひとつわかりにくい存在でもあったようだ。

以下は今現在の情報の収集方法で上から古い順で

1.Google ReaderなどのRSSリーダ
見逃したくない人や会社の記事やリリースノートを確実に見るためのサービス

2.Deliciousなどのソーシャルブックマーク
自分に関係しそうなものをためておく場所

3.TwitterやFacebookのようなソーシャルストリーム
開いた時に目に入ったものを見るためのもの

4.SmartNewsやGunosyなどのキュレーションサービス

RSSのような固定の発信元や以外の情報やソーシャルストリームでは通りすぎてしまった話題をキャッチするためのサービス

これにReadabilityが加わって気になった一時保管し、消化、場合によってブックマークという流れになっている。

GoogleReader死すともRSSは死せず!

となって欲しい。そうでないと困る。
一時期Twitterを情報収集の要に代用できないかと試したけどやっぱり違った。
“今”にフォーカスが当たりすぎてて見逃したら掘り起こすのに非常に手間がかかる。
じゃあニュースレターやメルマガかと言うと、他のコミュニケーションと混ざって良くないしむしろメールが終了してくれたら良い。
(そうだ!GmailとGoogleReaderを統合してくれたらいいのに)

結局、7月1日を迎えても他のAPIを公開してるRSSサービス乗り換えるだけでこの生活は続いていくと思うしそうでないとやっぱり困るなと思った。

Comments